スマホの普及に伴い着うたよりも着メロに移行した理由

着うたよりも着メロに移行した理由

スマホのせいで着うたが、売れない。

 

音楽配信サービスの着うた、着うたフルが、伸び悩んでいるらしい、音楽業界関係者に言わせるとスマホの急激な普及で、着うた、着うたフルが、あまりダウンロードされなくなったようです。

 

そもそも、着うた、着うたふるというコンテンツ自体が、ガラ携の専用コンテンツのようで、スマホでは、わざわざ、420円出してまで、ダウンロードするまでも、ないようです。
iTunesでは、1曲DRMフリーで150円〜250円 。購入済みの楽曲は本体から消しても無料で再ダウンロード可能のようです。

 

着うたフルは315円〜420円でスマホでのみ再生可能 で、しかも消したらもう一回購入しないといけない、らしい。

 

ということは、ただで、いくらでも出来てしまうということですよね。
PCから、youtubeでも、いくらでもダウンロードできる環境が、ガラケーでは、ダメでも、 スマホでは、同じく出来てしまうのですから着うた売れないわけですよね。

 

そして、最後に社会的に着うたという文化が、もう、着信のたびに曲が、流れることに何となく違和感を覚えるようになり、ダサいという認識に変わりつつある。
つまり大衆の感覚の移り変わりに追いつけていない、ということになりましょうか。

 

 

結局のところ、着メロで、それとなく、着信を知らせる方が、着うたで、自分の個性を周りにアピールするよりもさりげなくオシャレで、時代にマッチングしているということになります。は以前ほどなく、その音楽業界の粘り強さにもかかわらずもはや時代遅れのコンテンツという位置づけになりどちらかというとその利便性と本来の目的から着メロが、見直されつつあるようです。


ホーム RSS購読 サイトマップ