ガラ携からスマホへの移行に対応しきれない音楽業

音楽業界の対応

日本では、ディバイスの発達によりCDが、売れない時代が、やってきました。

 

それにはApple,Google,Amazonなど最新のコンテンツビジネスと言える業界で起きている動きが、非常に興味深いのですが、もはやCDなどは、眼中になくインターネット上にデータを保存するクラウドコンピューティングを目指しているようです。

 

日本の音楽配信は、勿論、着うたと着メロによって構成されてきました。
そして、ディバイスとしては、がら携(フィーチャーフォン)が圧倒していたに間違いなです。数年前までは、しかし近年その様相も様変わりしてしまい。新しい物好きの筆者ですら、とても追いつけそうにない程のスピードで、変わりつつあるのです。

 

そして現在では、その圧倒的なスピードで、ガラ携は、スマホへその地位を明け渡そうとしているのです。

 

確実的にスマホの進化により次世代のディバイスとしてその地位を築き上げたスマホは、2015年には、ガラ携にとどめを刺すようなのです。

 

高速回線LTE対応機種が、急激な普及で、そのダウンロード環境は、劇的に進化し自宅での光回線レベルとなんら変わらないレベルとなりました。特にそのデータ量の少なさからダウンロードするのに手軽に楽しめる音楽コンテンツの着うた、着うたフルの優位性は以前ほどでは、ありません。
その音楽業界の粘り強さにもかかわらずもはや時代遅れのコンテンツという位置づけになり、どちらかというとその利便性と本来の目的から着メロが、見直されつつあるようです。


ホーム RSS購読 サイトマップ