カナダのロック・ディーヴァ アヴリル・ラヴィーン

アヴリル・ラヴィーン

日本の若い女性たちにも大人気のカナダの女性アーティスト、アヴリル・ラヴィーンは現在27歳です。
8月には、ロックバンドの男性と電撃婚約したことで話題になりましたね。
デビューは2002年でした。

 

オリコンで首位を獲得した2007年のアルバム「BEST DAMN THING」の収録楽曲「ONE OF THOSE GIRLS」。
愛ではなく地位や肩書き目当てで彼に近づく女の子への警告、みたいな歌詞の内容です。そして彼にも「あの子にだまされないで」と警告しています。
いい子ぶってても、私はあなたの本性をちゃんと見抜いてんのよ。
どうせすぐに彼のことはポイして別の恋人を作るでしょう、といった鋭い歌です。

 

2002年のファーストシングル「COMPLICATED」は、デビュー早々アメリカのビルボード・チャートで2位を獲得しました。
また、母国カナダのラジオチャートでは11週連続で1位を取っています。
あなたはあなたのままでいいのよ。
周りや人の評価を気にしすぎ。
カッコつけるとむしろバカみたいよ。
何でも難しく考えすぎないで。
といった、彼氏へのメッセージです。

 

アヴリルはシンプルな恋愛の歌ばかりでなく、こういうちょっと斬新なテーマの歌詞も書いているんですね。
「最新曲☆全曲取り放題」ではこの「COMPLICATED」、そして4枚目の最新アルバム「GOODBYE LULLABY」の曲「WISH YOU WERE HERE」の着メロも好評配信中です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ