「着うた(着うたフル)」がCD等の生の音源であるのに対し、「着メロ」は人造音です。音楽を愉しむ趣味が目的であれば、生命の通った音色の着うたを選ぶべきです。

着メロと着うたは別物?

 何故こんな話をするのかと言えば、着メロと着うたは本来なら使い分ける必要があるのにも拘らず、現実には両者が混同されている場合が、結構ある模様だからです。

 

こうした点を踏まえて、相手の語る対象が着メロなのか着うたなのか、或いはその両方を総称しているのか、この点を推察しながら聞かないと、話がまるで理解出来なくなる旨、念の為に申し添える次第です。せめて聞き手の側だけでも、両者を見分ける必要があるのです。

 

それでは、着メロと着うたを区別が付いていない場合を、見抜く方法があるのでしょうか?これは、当たり前の事に過ぎませんが、やはり着メロと着うたの言葉が、相対の関係ではなく同等の物として用いられている場合でしょう。

 

それでは着メロと着うたには、正確にはどんな区別があるのでしょうか?それは、「着うた(着うたフル)」がCD等の生の音源であるのに対し、「着メロ」は人造音であるという事です。

 

従って、音楽を愉しむ趣味が目的であれば、生命の通った音色の着うたを選択すべきです。

 

それでは、着メロを選択する場合は、何が目的なのでしょうか?それは何と言っても、ケータイが持つ通信機器としての実用性に他なりません。何故なら、雑踏の中でも耳をつんざく様に鳴るのは、何よりも着メロの得意分野であり、着うたの及ぶ所ではないからです。あの着メロの音質のけたたましさが、電話の着信やアラームの音には最適だと、愛好する人も依然として存在するのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ