サイトにないアプリの強みは、接続の速さそして、電波が不要の種類の存在です。

速くて電波不要のアプリ?

 それにしても何故、時にはサイトから、アプリを取る必要があるのでしょうか?アプリを取らなくてもサイトをブックマークしておけば、普通に使用出来るのでないでしょうか?何故サイトでも出来る事なのに、アプリを取る必要があるのでしょうか?

 

スマートフォンの場合、 サイトに勝る利点がアプリにあるとすれば、それが一体何なのか御存じですか?

 

その筆頭は、何と言っても速度でしょう。何故なら、作業自体は殆ど変わりませんが、サイトに接続するよりもアプリの方が、感覚的には速いからです。例えば、路線検索等を例に挙げても、アプリなら開いて直接駅名を打ち込み検索するのと比較して、サイトではサイトに接続してから駅名を打ち込んでの検索となるからです。

 

更には、アプリの場合、中には、電波が無い場所でも使用可能な種類もあります。この点、アプリからサイトへ飛んで検索する仕組みでは、電波が途切れる所ではお手上げになる訳です。

 

この他にも、提供側が利用者の情報を獲得する利点が、アプリの方にはある模様です。

 

 それでは、アプリとサイトとの決定的な違いは、一体何処にあるのでしょうか?

 

そこで先ずは、サイトの語意から御説明して参りましょう。

 

本来、「サイト」は「場所」を意味しますから、ウェブサイト (website) はWebページ群が置かれたインターネット上の場所を指します。そして、ウェブサイトは、World Wide Web (WWW) 上に存在し、特定のドメイン(インターネット上の住所)名の下にある、ウェブページの集合体なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ